1. HOME
  2. FX
  3. MT4とMT5スマホアプリの使い方を分かりやすく丁寧に解説します
FX

MT4とMT5スマホアプリの使い方を分かりやすく丁寧に解説します

FX

63

近年、一気に広まったスマートフォンやタブレット。

少し前までは、トレードといえばPCでしか出来ませんでしたが今では、スマートフォンやタブレットでも取引が出来るようになりました。

当サイトでもお勧めしている海外FXのほぼ全てがMT4(MT5)というプラットフォームを採用しており、MT4・MT5はPC版だけでなくスマホやタブレット用のアプリがあります。

今回は、MT4 MT5のスマホアプリ版のダウンロード方法から使い方までをなるべく分かりやすいように解説させて頂きます。

「外出していてチャンスを逃してしまった」
「PCが開けずトレード出来なかった」
「隙間時間にトレードがしたかった」

もし、貴方が上記のどれかに該当しているのであれば、ぜひMT4、MT5のスマホアプリを活用し、日々のトレードにお役立て下さい。

MT4・MT5スマホアプリを利用するための事前準備をしよう

まずMT4MT5)スマホアプリを活用してトレードを行うには事前にMT4(MT5)に対応している海外FX業者で口座を作成しておく必要があります。

既に口座を作成済みの方は登録完了時に業者から送られてきているMT4・MT5のIDとパスワードを控えておいてください。

 

※当ブログで推奨しているxmだと口座開設時に以下のようなメールでログインに必要な情報が届きます。

まだ海外FX口座をお持ちでなく、どこの口座にしようか迷っている悩んでいる方は下記の記事をぜひご参考下さい。

 

→【厳選】海外FX口座で本当にお勧めできるのはコレだけ(準備中)

 

口座の準備ができましたら、早速アプリのダウンロードしていきましょう

MT4、MT5ios製品をお使いの方はApple store、Android製品をお使いの方はplay storeからインストールすることが出来ます。

【MT4ダウンロード】
center

 

↓iosの方はこちら↓

↓Androidの方はこちら↓

Google Play で手に入れよう

【MT5ダウンロード】
center

 

↓iosの方はこちら↓

↓Androidの方はこちら↓

Google Play で手に入れよう

上記のボタンが上手く押せない方は、Apple store、playstoreで「MT4」「MT5」と検索して頂ければダウンロードページにアクセスすることが出来ます。

※以下、操作説明に関してはMT4を例に進めていきますが、基本的な操作方法に関してはMT5とほぼ一緒ですので問題なく設定をして頂けるかと思います。

MT4・MT5スマホアプリで口座にログインしてみよう

アプリがダウンロードできましたら、早速ログインを行っていきましょう。

アプリを起動します。

 

「設定」を選択します。

 

「新規口座」を選択します。

 

「デモ口座開設」を選択します。

 

貴方が利用する海外FX業者名を入力します。

今回は例としてxmを検索します。

 

一覧から貴方が指定されたサーバーを選択します。

 

IDとパスワードを入力します。
(先ほど例に挙げたXMTrading-Real 37でご説明していきます)

 

「サインイン」をタップします。

 

設定画面に自分の名前やIDが表示されていたらログイン成功です。

複数のアカウントを管理出来る超便利機能について

先ほど、ログイン設定して頂く際に、自動ログイン設定に関する項目があったかと思います、

こちらの機能をオンにしておくと、複数のFX会社のアカウントを同時に管理することができ、ワンクリックで各口座に移動することが出来るようになります。

(例)
XMリアル口座⇒GEMFOREXリアル口座→Titanデモ口座・・etc

ロジックごとに口座を分けて取引している方や裁量用の口座とAI用の口座で分けてる方にとってはとても便利な機能になるかと思います。

複数のアカウントを管理するための設定は非常にシンプルとなっており、先ほど解説しましたログイン設定画面で「パスワードの保存」にチェックを入れるだけでOKです。

 

上記の設定をしておいて頂ければ、ワンタップで切り替えが出来るようになります。

MT4・MT5スマホアプリでトレード環境を構築しよう

まず、MT4・MT5アプリを起動すると以下の気配値画面が立ち上がります。

気配値画面では、通貨ペアの追加・削除、チャート画面や発注画面に推移出来ます。

気配値画面は[シンプルモード]と[詳細モード]の2種類あります。

「シンプルモード」

「詳細モード」

それぞれのモードの説明は以下のようになります。

「シンプルモード」・・BitとAskのみ表示。
「詳細モード」・・BitとAskに加え、スプレッド、高値、安値を表示

こちらに関してはお好きな方を選んで頂ければOKです。

それでは早速、こちらの気配値画面からトレード環境を構築していきましょう。

取引する通貨ペアを追加する方法

取引したい通貨ペアを追加する方法を解説していきます。

「+」をタップします。

 

シンボルを追加します。
(お使いの証券会社によって表示が異なります

追加したい通貨ペアを選択します。
(今回は例として一番上に出てきた「EUR/CAD」を追加していきます。)

通貨ペアの追加が終わりましたら最後に「完了」をタップします。

 

追加した通貨ペアが表示されていれば作業完了です。

通貨ペアを削除する方法

「不要な通貨ペアが表示されていて邪魔だな・・」
と感じた方は以下の手順で通貨ペアを削除しておきましょう。

気配値画面の左上にある鉛筆のアイコンをタップします。

 

削除したい通貨ペアを選択します。
(今回は例として「EUR/DKK」を削除します)

 

 

選択後、ごみ箱のアイコンをタップします。

 

気配値画面から選択した通貨ペアが消えていれば削除成功です。
(例では先ほど選択した「EUR/DKK」が消えています)

通貨ペアの表示位置を並び替える方法


「良く取引をする通貨ペアを上の方に表示したい」

「自分の見やすいように通貨ペアを並び替えたい」

という方もいらっしゃるかと思いますので順序を入れ替える方法もご紹介させて頂きます。

 

鉛筆アイコンをタップします。

 

三本線のアイコンを長押ししながら、上下に動かすことで順番を変えることが出来ます。

チャートを表示する方法

取引したい通貨の出来たら実際にチャートを表示してみましょう。

 

チャートを表示したい通貨ペアを選択します。

 

「チャート」を選択します。

 

以下のように選択した通貨ペアが表示されていればチャートの表示は完了です。

 

チャート画面の時間足の変更

時間足の変更方法について解説します。

チャート画面左上のローマ字と数字が書かれた個所をタップします。

 

表示させたい時間足を選択します。
(今回は1時間足を日足に変えます)

【補足】
M1: 1分足
M5: 5分足
M30:30分足
H1:1時間足
H4:  4時間足
D1:  日足
W1: 週足
MN: 月足

 

以下のように選択した時間足(例では日足)が表示されていれば、時間足の切り替えは完了です。

 

チャートにインジゲーター追加する方法

MT4・MT5スマホアプリでもメジャーなトレンド系・オシレーター系インジケーターをチャートに表示させることが出来ます。

 

【トレンド系】
【オシレーター系】

 

   今回は例としてトレンド系インジケーターである
       ボリンジャーバンドを表示させていきましょう。

  チャート画面上部にある「f」
  アイコンをタップします。

 

  追加するインジケーターを選択します。

 

  パラメーター数値を設定します。

 

 「完了」をタップします。

 

以下のように選択したインジケーターが表示されていれば完了です。

チャートからインジゲーターを削除する方法

今回は例としてボリンジャーバンドを削除していきます。

   チャート画面上部にある「f」のアイコンをタップします。

 

「編集」タップします。

 

削除したいインジケーターを選択します。

 

「削除」をタップします。

 

「完了」をタップします。

 

以下のように選択したインジケーターが削除されていれば完了です。

 

 MT4・MT5スマホアプリでトレードをする方法

   トレード環境の構築が出来ましたら、早速実際に
 トレードをしてみましょう。

   MT4・MT5スマホアプリでは、様々な画面から発注
画面までいくことが出来るようになっています。

発注画面自体は1つだけとなりますのですぐに覚えて
使って頂けるかと思います。

   それでは、まず各画面から注文画面にいく方法を
ご紹介していきます。

各画面から注文画面に行く方法について

CASE1:気配値画面から注文画面

トレードする通貨ペアを選択します。

「トレード」を選択します。

 

CASE2:チャート画面から注文画面

「チャート」をタップします。

 

CASE3:トレード画面から注文画面

「+」アイコンをタップ。

 

発注画面の詳細について

以下がMT4・MT5スマホアプリの発注画面となります。

【画面の説明】
①通貨ペアの指定
②注文方式の指定
③lot数の指定
④ストップロス・テイクプロフィットの設定
⑤発注ボタン

 

  それでは、1つずつ解説していきます。

①通貨ペアの指定

①をタップすると以下のような画面になり、気配値画面で追加した通貨ペアの選択が出来ます。

 

②注文方式の選択

   ②をタップすると以下のように注文方式を
選択できます。

 

各項目の説明は以下のようになります。

注文種別 意味 詳細
Buy Limit 買い指値 今より低い価格になったら買い注文
Sell Limit 売り指値 今より高い価格になったら売り注文
Buy Stop 逆指値買い 今より高い価格になったら買い注文
Sell Stop 逆指値売り 今より低い価格になったら売り注文

 ③lot数の設定

   ③では1エントリーにおけるlot数の設定が
出来ます。

 

   海外FXは国内FXと違ってLot数の単位が異なるので注意
しておきましょう。

lot数 通貨
0.01lot 1000通貨
0.1lot 10000通貨
1lot 100000通貨

 ④ストップロス・テイクプロフィットの設定

   ④ではストップロス・テイクプロフィット
の設定が出来ます。

ストップロス:損切幅(指定した価格に到達したら損切をする)
テイクプロフィット:利食い幅(指定した価格に到達したら利確をする)

⑤注文ボタン

   成り行きで、ロング、ショートのポジションを
持つことが出来ます。

保有中のポジションの決済を行う方法

 

   トレード画面から決済したいポジションを
選択します。

 

    チェックのアイコンをタップします。

 

  closeボタンをタップしたら取引完了です。

 

   最後に

以上、MT4・MT5スマホアプリの説明となります。

スマホアプリを活用することで予期せぬ急騰急落時に
利確・損切の対応が出来たりエントリーチャンスを
逃さずにポジションを持てたりと、より精度の高い
トレードを行えようになるかと思います。

MT4・MT5スマホアプリを、ぜひ貴方のトレード
ライフにお役立て下さい。

 

 

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


完全プライベートコンサル企画

【厳選】お勧めの情報商材一覧

【完全自動更新で稼ぐならコレ】

【2chまとめサイトで稼ぐならコレ】

【2chまとめ風で稼ぐならコレ】

【ゲーム感覚で稼ぐならコレ】