アフィリエイト広告の種類と特徴について

アフィリエイターのNです。

今回は

"アフィリエイト広告の種類と特徴"

についてさせて解説させて頂こうと思います。

アフィリエイト広告の種類は、たくさんあるようにみえて、実はそこまで多くはありません。

今回ご紹介するものだけを抑えておいて頂ければ今後困ることはないと思いますので、ぜひしっかりと学んで頂き、役立てて頂ければと思います。

それでは、早速本題に入っていきましょう!

アフィリエイト広告の種類

以前にも簡単にご説明させて頂きましたが、アフィリエイト広告は大きく分けて、「クリック保証型」と「成果報酬型」の2種類があります。

クリック保証型は広告がクリックされた時点で報酬が発生し、対する成果報酬型はユーザーが広告をクリックし、その先にある商品を購入、もしくはサービスに申し込みをした時点で報酬が発生します。

この両者にはそれぞれ特徴があり、月収数百万円以上稼ぐようなトップアフィリエイター達は、両者の特徴を理解した上で、適切な方を選んで掲載、もしくは両者を上手く組み合わせながら掲載して収益の最大化を図っています。

それでは、さっそくクリック保証型と成果報酬型の両者の特徴をみていきましょう。

クリック保証型広告の種類と特徴ついて

クリック報酬型広告を提供している会社は非常に少なく、現状収益が見込める利用価値のあるサービスはGoogleが提供している"Google AdSense"のみとなります。
なので現状では、
「クリック報酬型広告=Google AdSense」
と認識して頂いてもOKです。
Google AdSenseの特徴としてまず挙げられるのは、

"Googleがサイトのジャンルにマッチした広告を自動で掲載する"

という点です。
つまり、アフィリエイター側では掲載する広告の選定はせず、Googleが全て行うということになります。
「変な広告が掲載されたりしないの・・・?」
と心配になってしまう方もいると思いますが、基本的にはGoogleの厳格な審査を乗り越えることが出来たかつ、自分のサイトのジャンルにマッチした広告だけが掲載されるのでご安心下さい。笑

次に挙げられる特徴としては、

"1クリックあたりの報酬額が決まっていない"

という点です。
報酬単価に関しては自身のサイトの質(Googleの評価)によって変わってきます。
サイトの質を高めておけば、1クリックあたり数千円もらえるような広告が掲載されることもありますが、逆にサイトの質が悪いと1クリック数円程度になってしまうこともありますので、サイトの質を高めることは非常に重要となります。
クリックしてもらうだけで高額な報酬を受け取ることが出来る可能性を秘めているAdSenseですが、広告掲載するには、厳しいサイトが必要であるため、一般的には初心者向けではないと言われています。
ただ、当サイトではAdSenseの審査を難なく乗り越える方法や、AdSenseをフル活用したアフィリエイトのノウハウを掲載していきますので、ぜひ楽しみにしておいて下さい。

成果報酬型広告の種類と特徴について

生成果報酬型の広告はあらゆるASPが提供していますが、大きく分けて以下の7種類があります。
成果報酬型広告の種類
  1. 物販系
  2. 資料請求系
  3. 会員登録系
  4. 申込み系
  5. 情報商材系
  6. アダルト系
  7. オプトイン系

それでは、1つずつ見ていきましょう。

1:物販系広告の特徴


物販系の広告とは、ゆわいる形がある商品を販売することで報酬が発生するタイプの広告となります。

例を挙げると以下のような広告になります。

リンク取得元:Amazonアソシエイト

リンク取得元:A8

上記のようなコスメ、PCに加え、他にもカメラ、書籍、化粧品、タブレットゲームのハードウェアなど様々な商品を紹介することが出来ます。

物販系の広告は自分の身近なものから紹介することができるため、

"初心者の方にも非常に紹介しやすい"

という特徴があります。

ただ、物販系広告は

"一件あたりの報酬単価が低い"

という特徴もあるので、物販系の広告だけでまとまった金額を稼ぐためには、ある程度サイトやブログの量産が必要となります。

なので、まずは物販系の広告系を取り組んでアフィリエイトに慣れ、慣れてきたら他の広告に取り組んでいくことをお勧めします。

2:資料請求系広告の特徴

資料請求系は、不動産、生命保険、車の保険引っ越し、資格取得等の資料請求をしてもらうことで報酬が発生するタイプの広告となります。

リンク取得元:A8

リンク取得元:A8



リンク取得元:A8

資料請求系の広告は

"一件辺りの報酬単価が高い"

というのが特徴として挙げられます。

特に、生命保険や不動産の案件になると一件辺りの報酬金額が5千円を超える案件もあります。

ただ、資料請求系の広告は

"ある程度専門知識が必要"

となるため、保険や不動産の専門知識がない方が取り組んでいくためにはある程度勉強が必要となるジャンルになります。

3:会員登録系広告の特徴

会員登録系は、主に懸賞・ポイントサイトに登録してもらうで、報酬が発生するタイプの広告となります。他にも、スマートフォンのアプリ(ゲーム、出会い系など)をインストールしてもらうことで報酬が発生する案件もあります。

リンク取得元:A8

リンク取得元:アフィリエイトネクスト

会員登録系広告は

"広告が非常に成約しやすい"

というのが挙げられます。

特に、アプリ系の広告はゲームや出会い系など比較的容易にインストールしてもらえる傾向にあるため、初心者の方でも成約させやすい広告のタイプとなります。

ただ、会員登録系の広告は物販系広告と同様に

"報酬単価が低い"

というのが特徴として挙げられる広告となります。

4:サービス申し込み系広告の特徴について


サービス申し込み系広告は、ある特定のサービスに申し込みをしてもらうことで報酬が発生するタイプの広告となります。

リンク取得元:A8

リンク取得元:A8


上記の例でご紹介したFX、以外にも株の証券口座、カードローンの申し込み、光固定回線、格安SIMの申込みなど、様々なものがあります。

サービス申込み系広告は、資料請求系と同じように

"報酬単価が高い"

というのが特徴として挙げられます。

もちろん、扱うものによっても変わりますが一件辺りの報酬単価が1万円超えする案件がゴロゴロあったりします。

ただ、申し込み系の広告は

"承認率が低い"

という特徴があります。

補足
成約数の内、実際に企業から報酬を受け取ることが出来た割合を承認率と言います。仮に貴方が100件成約させたとしてもその内の50件分の報酬が支払われたら、承認率は50%となります。

なぜ、申し込み系の広告の承認率が低いかというと、広告主が設けている承認する条件が厳しい傾向にあるからです。

例えば、

インターネット関連であれば、承認条件は

"申込み後に紹介者がしっかりとネットを開通させること"

クレジット関連であれば、承認条件は

"紹介者が申込後、クレジット会社の審査に通過してカードの発行に至ること"

といったように、案件ごとに厳しい承認条件が設定されています。

ですから、申込み系広告に関しては、ただ申込みをさせるだけではなく、申込後に紹介者が承認条件を満たせるようにサポートすることも重要となります。

よくあるサポートの仕方は

申込後の流れを記事にして分かりやすく解説する(コンテンツ提供)

分からないことがある人のために問い合わせ窓口を設置する

といったものが挙げれられます。

初心者の方が紹介するのは少し敷居が高い広告となるため、アフィリエイトにある程度慣れてきたら取り入れて頂くことをお勧め致します。

5:アダルト系広告の特徴について

アダルトアフィリエイトはアダルト動画配信サイトや出会い系サイトへの会員登録で報酬が発生する案件がメインとなります。

ここではあえて広告例は掲載しないでおきます。笑

アダルト系広告は

"継続報酬型案件がある"

というのが特徴として挙げられます。

継続報酬型案件とは、主に月額会員制のアダルト動画案件になります。

継続報酬型案件は、自分経由から動画サイトに登録したユーザーがその動画サイトの会員である限り、毎月一定の報酬が自分に入ってくる仕組みになります。

なので、紹介すればするほど雪だるま式に報酬が積み重なっていくということになります。

アダルトはやり方さえ間違えなければガンガン成約させることが出来るのでエロに抵抗がない方はぜひ取り入れて頂きたい広告の一つとなります。

6:情報商材系広告の特徴について


情報商材とは云わいるハウツー本ようなものであり、情報商材系の広告はそれらハウツー本を販売することで報酬が発生するタイプの広告となります。

APCアフィリエイト

上記は当サイトで提供させて頂いているアフィリエイトで稼ぐ系の情報商材となります。

他にも情報商材には

「投資で稼ぐ方法」

「ダイエットで痩せる方法」

など人の悩みに特化した様々なジャンルがあります。

情報商材系の広告は

"他のアフィリエイトと比べて酬単価が圧倒的に高く、承認率も成約すれば、ほぼ100%"

というのが特徴として挙げられます。

案件によって異なりますが、一件あたりの報酬単価が2万円を超える案件がザラにあり、高いものだと一件辺り数十万円の報酬が発生する案件もあります。

しかし、情報商材は一般的にイメージが悪く

"非常に売れにくい"

という、特徴も挙げられます。


普通に紹介記事を書いて紹介するだけではまず、一件も売れないので情報商材系を販売するにはしっかりとした戦略が必要となります。

ただ、情報商材系は正しい戦略を用いれば初心者の方でも容易に販売することが出来るので、私としてはぜひ取りいれて頂きたい広告の一つとなります。

7:オプトイン系広告の特徴

オプトイン系広告は、ユーザーがサイト上でメールアドレスの登録、もしくはLine@に登録した時点で報酬が貰える広告です。

リンク取得元:無料club

リンク取得元:ペイフォワードアフィリエイトセンター

上記のサイトにはメールアドレスやLine@に登録するように記載があり、ここでユーザーが登録をすれば、貴方に報酬が発生するのがオプトイン系広告となります。

 

オプトイン系の広告は、メールアドレスやline@に無料登録してもらうだけで、報酬がもらえるため

"初心者にとって非常に稼ぎやすい広告"

になります。

ただ、こちらも申し込み系広告と同様、

"承認率が低い"

傾向にあるため、注意が必要です。

以上が成果報酬型広告の種類となります。

アフィリエイト広告の種類と特徴のまとめ

・アフィリエイト広告は大きく分けると「クリック保証型」と「成果報酬型」の2つ。
・「クリック保証型」は現状Google AdSenseのみ。(他もあるが実用性がない)
・成果報酬型広告には全部で7種類のジャンルがあり、それぞれの特徴を理解してアフィリエイトをしよう!

今回の記事まででアフィリエイトに関する基本知識は一通りご説明させて頂きましたので、早速実践して稼いでいきましょう。

次は以下の記事を、ぜひお読みください。

それでは、最後までお読み下さり、ありがとうございました。

貴方の悩みを私たちに聞かせて下さい!
おすすめの記事