1. HOME
  2. 転売
  3. 転売で王道と呼ばれる手法は?メリットとデメリットを種類別に詳しく説明!!
転売

転売で王道と呼ばれる手法は?メリットとデメリットを種類別に詳しく説明!!

転売

2

どうも、転売で生計を立てている転売ヤーのIです。

この記事を見てくださっている貴方は、これから”転売”を始めたいと考えているのではないでしょうか?

「転売を始めたいけど何からすればいいかわからない」

「ホントに転売は稼げるの?」

このような悩みを持たれているのではありませんか?

結論から言いますと転売を行う事で利益を出すことは可能です。

今回は転売の種類とそれらを1つずつ見た時のメリットとデメリットを詳しく説明していきます。

それでは、本題に入っていきます。

有在庫転売と無在庫転売の概要について

転売をする上でまず、有在庫転売無在庫転売かを決める必要があります。なぜなら商品を販売するときに無在庫転売を禁止している媒体が有るためです。

では、有在庫転売と無在庫転売について順番にご説明していきます。

有在庫転売とは?

有在庫転売というのは、その名の通り在庫を抱えて転売していく方法です。

基本的には、

仕入れ→販売→出荷→売上

といった流れで利益を出していきます。

具体的な一例をご紹介すると以下のような形になります。

①Amazonなどの通販サイトから商品を仕入れる

②注文した商品が自宅に届く

③届いた商品をメルカリやヤフオクなどで仕入れた価格以上で出品する

④商品が売れたら梱包し、発送する

上記のような流れになります。

無在庫転売とは?

次に無在庫転売について説明していきます。

無在庫転売とは、在庫を持たずに転売をするやり方です。

有在庫転売が、仕入れ→販売→出荷→売上なのに対し、無在庫転売では、

販売→売上→仕入れ→出荷

といった流れになります。

こちらも具体的な一例をご紹介すると以下のような形になります。

①メルカリやヤフオクで商品を出品する、

②商品が売れる。

③Amazonや通販サイトから商品を仕入れる

④仕入れた商品を発送する。

上記のような流れになります。

有在庫転売と無在庫転売のメリット・デメリットについて

有在庫転売と無在庫転売の概要についてご説明させていただきましたので次は、それぞれのメリット・デメリットについてご説明していこうと思います。

では、有在庫転売にはどんなメリットがあるのかみていきましょう。

有在庫転売のメリット

・まとめて安く仕入れるため純利益が大きい

有在庫転売の場合、一度に複数個商品を仕入れることで割引きが適用される場合がほとんどであり、まとめて仕入れることで、送料も抑えることができます。その結果仕入れ単価が下がり、最終的に残る利益が大きくなるのです。

・在庫管理が簡単

在庫が手元にあるため、この商品はあと何個あるのかを把握することが非常に簡単になります。
その為、作業の効率を上げることができます。

・商品の詳細を伝えやすい

実際に手元で商品を確認することによって、商品説明を書く上で商品の細かな部分まで紹介することができるようになります。購入率も高くなります。

・仕入れができる商品の数が多い

無在庫転売を推奨している卸問屋が急激に増えてきました。しかし、まだまだ無在庫転売に対応していない卸問屋のほうが多い為有在庫販売の方が取り扱える商品が豊富です。

有在庫転売のデメリット

・在庫の売れ残りが発生する

商品を自宅に在庫として置くため仕入れた商品が売れなければ当然売れ残りとして赤字になります。ここが有在庫転売の一番ネックになる所です。どんな商品が売れているかリサーチできるようになるまでは、たくさん仕入れないようにしましょう。

・初期資金が必要

仕入れ時の値引きや送料を抑える必要があるため一度に沢山の商品を買わないと利益率が下がる為、結構なお金が掛かります。その際に数種類の商品を仕入れるとなれば、さらに費用が掛かってしまいます。

では、無在庫転売のメリットとデメリットを説明していきます。

無在庫転売のメリット

・在庫の売れ残りが出ない

無在庫転売では、注文が入ってから商品を購入するため、在庫を抱える心配がありません。売れ残りが無いので、赤字になることはありません。

・初期資金が低額

購入者が商品のお金を支払い、そのお金で仕入れをするため、自腹で仕入れをする必要がありません。しかし、メルカリなどは購入者が商品のお金をメルカリの運営に支払います。そういった媒体の場合は、自腹で仕入れをしなければなりません。

無在庫転売のデメリット

・利益率が低い

基本的には仕入れを一個単位で行う為、一回の仕入れ額が、まとめて購入する場合より高くなります。また、販売業者が定めた発送方法出ある為、送料が高くなり、結果的に利益率が悪くなります。

・トラブルが発生しやすい

仕入れ先から直接購入者に商品が届くため、自分で商品の確認をすることが出来ません。その為、不良品などを届けてしまった場合、トラブルに繋がる可能性があります。

また、商品が注文されてから仕入れを行う為、購入者に商品が届くまで時間が掛かります。この際に購入者側から、発送が遅いなどのクレームがくる場合があります。

・無在庫転売が禁止されている媒体がある

Amazonやメルカリなど一部の媒体では、無在庫での販売が禁止されています。禁止行為をしていることがばれてしまった場合、アカウント停止や、強制退会などの措置が取られる場合があるため、無在庫での販売が禁止されていない媒体を探して、無在庫転売をする必要があります。

有在庫転売と無在庫転売を比較して

ここまで、有在庫転売と無在庫転売のメリットとデメリットを説明してきました。

初心者の方は、無在庫転売の転売のほうが魅力的に見えるかもしれませんが、僕は、有在庫転売のほうをお勧めします。なぜなら、コンビニやスーパーなど、今の商品ビジネスモデルが、有在庫転売が主流であるため、実業に繋げやすいからです。

小手先の転売で終わるのではなく、その先を見据えて今のうちから有在庫転売をしたほうが、今後の利益に繋がっていくでしょう。

 

では今回のテーマの本題に入りましょう。

転売で王道な手法について

僕が王道だと思う転売のやり方は以下の4種類です。

 

  1. 古着転売
  2. ご当地物転売
  3. カメラ転売
  4. 家電転売

それでは、古着転売から説明していきます。

古着転売とは

古着転売とは、その名の通り、古着を購入しそれをAmazonなどで販売することです。利益がでないと思われがちですがトレンドを把握しておけばしかっり稼ぐことができます。またマニア層も多いい為、1つの商品で数万円稼ぐことも可能になっています。

まずは、古着転売のメリットを見ていきましょう。

古着転売のメリット

・利益率が高い

古着転売は、転売ビジネスの中でも古着自体に、定価がない為、利益率20%以上取ることも可能です。今まで利益率など目にしたことがないという方は20%というと低いと思われるかもしれません。
しかしネットを使用しての転売は10%以下が現実です。なので1商品当たりの利益率では他の転売よりも勝ります。

・新規参入しやすい

他の転売ジャンルと違い簡単に市場価格を知ることができません。なので服に興味がない転売の新規参入者が少ないという事です。

次にデメリットです。

古着転売のデメリット

・偽物も出回っている

古着転売はコピー品にも注意が必要です、本物と変わらないくらいのクオリティーで見分けがつかない為、仮に偽物を売ってしまったら貴方も罪に問われる可能性があるので注意が必要です。

・売れない商品はいつまでも売れない

古着はファッションなので販売すれば何でも売れるといいう訳ではありませ。人には好みがある為そこを考えて商品を売らないといけない訳です。

次にカメラ転売です。

カメラ転売の説明は利益は出ますが、初心者の方が参入するのはお勧め出来ないため説明は省きます。

他のサイトで上級者向けに今後説明しますのでそちらをご覧ください。

ご当地物転売とは

ご当地物転売とは、その地域の限定商品を転売するやり方です。

ご当地物転売のメリット

 

・ライバルが少ない

ご当地物転売は住んでいる場所によってその商品を仕入れられるかどうかが決まります。例えば、ディズニーランドは千葉県にありますから、関東に住んでいる人しか定期的に仕入れに行けないでしょう。

。値下がりしにくい

ご当地物転売はその地域でしか扱ってない商品がほとんどなので、値下げをする必要がなく定価以上の利益が見込めるでしょう。

ご当地物転売のデメリット

・ご当地物転売だけでは大きく稼げない

ご当地物転売は、大きく稼ぐことは、困難です。例えば広島県にある、もみじ饅頭を転売するとします。まず前提になるのが今までもみじ饅頭を食べたことがある人がまた購入したいと思ってないといけません。次に饅頭を毎日購入する方はいないということです。つまりそこまで販売できないため利益率は低くなっています。

家電転売とは

家電転売とは、その名の通り家電を家電量販店などで購入し販売する手法です。仕入れの仕方にコツがあるので注意が必要です。

家電転売のメリット

・仕入れ金とは別でポイントが付く

大型量販店で仕入れをすると、各店舗でお金と同様に使えるポイントが付きます。ヤマダやビックカメラなどの量販店では、ポイントが貯まりやすいキャンペーンやイベントも開催されている為、普段から仕入先でポイントを貯めて、キャンペーンを利用してさらに貯蓄すれば、経費は減って儲かる仕組みです。

・在庫が余らない

家電転売は基本生活していくうえで欠かせないものを扱う為、人気がない型落ちした商品でも在庫になることなく販売できる。

家電転売のデメリット

・仕入れ単価が高い商品が多い

家電転売は1商品単価の価格が高い為、初期費用が、かなり掛かります。新しい商品の場合は1つの商品で数万円は必要になるのでお金がない方は、参入しづらい。

・ライバルが多い

家電転売は、利益率が高い為、転売ヤーのほとんどが参入している。その為転売自体の回転率が下がる可能性がある。

 

まとめ

今回僕が説明したことを考慮したうえで転売を初めて頂ければ、まず失敗はしないと思います。

あなたの転売活動が上手くいきますようにこれからも記事を更新していきますのでそちらも是非ご覧ください。

長くなりましたが、ここまで見てくださった方有難うございました。

 

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


完全プライベートコンサル企画

【厳選】お勧めの情報商材一覧

【完全自動更新で稼ぐならコレ】

【2chまとめサイトで稼ぐならコレ】

【2chまとめ風で稼ぐならコレ】

カテゴリー